OZ Company

mail_outlineお問い合わせ

OZ Companyについて-test

PRESIDENT MESSAGE

代表挨拶

株式会社 OZ Company

代表取締役

小津 智一

離婚・児童虐待件数の増加、子ども自身の自己肯定感の低下など子どもを取り巻く環境は悪化しています。

2、30年前までは

  • ・男性は仕事、女性は家事・育児という画一的な家庭、男性も女性も性差的な役割分担が主流だった。
  • ・おじいちゃん、おばあちゃんとの同居による子育てサポートがあった。
  • ・近所のつながりがあり地域で子育てができる安心な環境があった。

しかし、現在、共働き世帯が今や全体の半数を超え、また、核家族化、地域のつながりも希薄化しているなか、子育ての大変さは昔と変わりはないのですが、親への子育て負担が大きくなるとともに、仕事と家庭を両立できないなど「心の余裕」がうまれず苦しんでいる親が増えています。

このように社会システム、家庭環境が変化しているなか、その時々の社会ニーズに沿った子育て支援サービスを開発し提供して理念(目的)を達成していくことが我々OZ Companyの役割です。

COMPANY PHILOSOPHY

企業理念

子育て中の父親、母親、そして子どもたちの笑顔を広げていく

CHILDCARE PHILOSOPHY

保育理念

CHILDCARE IS A PERSON

保育は人

笑顔のサービスを提供するのは、OZ Companyで働くスタッフ1人1人です。
当社では子育て、介護、短時間しか勤務できないなど様々な理由で制約を受けているスタッフが多くいます。代表である私自身もその一人です。

その多様なスタッフがいるチームでも 一人一人が「笑顔が広がる」組織、仕事以外の家庭、地域においても「笑顔」で活躍できる柔軟な働き方を遂行することで 個人の力を最大限に引き出しチームとしてお客様の笑顔を広げるとともに、スタッフ一人一人の家庭や地域にも笑顔を広げることができます。

そのために OZ Companyの大切にしている
「保育は人」であるということ、存在する目的を経営計画から組織マネジメントにいたるまで細部にわたり突き通すことで、全従業員と企業理念のベクトルを合致させ、個々が考え行動できる企業であることを実現していきます。

SMILE CYCLE

笑顔のサイクル

笑顔が広がる社会をつくる

オズカンパニーが目指す笑顔のサイクル

  • 社員の笑顔

    「保育は『人』」
    子どもたち、保護者様、クライアント様と接するのは社員です。
    そこで働く社員が「笑顔」で働くことができる労働環境、チームづくりをします。

  • お子様の笑顔

    社員の笑顔が、より良い保育のアイデアやチームワークを生み出します。
    子どもは先生を見ています。
    その先生と呼ばれる社員が笑顔であれば、子どもにも笑顔がひろがります。

  • パパママの笑顔

    お子様の笑顔があふれていることが、お子様をお預けいただいているお父様・お母様の安心につながり、パパママの笑顔がひろがります。

  • 企業・社会の笑顔

    事業所内や顧客への保育サービスなどを通して子どもたちの笑顔、そして父親・母親の笑顔がひろがり、喜んでいただけることで、従業員確保や離職防止、顧客満足などのクライアント企業の目的が達成され、笑顔で喜んでいただけます。
    また、ワークライフスタイル改革推進事業により父親、母親ともに家庭や地域活動に笑顔で参画でき、笑顔がひろがります。

AWARD HISTORYE

受賞歴

2016年 ダイバーシティ経営企業

100選に選ばれました

2016年 ダイバーシティ経営企業100選

2017年 福岡県働き方改革推進大会で

表彰されました

2017年 福岡県働き方改革推進大会で表彰されました

ふくおか「働き方改革」推進企業に

認定されました

ふくおか「働き方改革」認定書

令和3年11月12日にふくおか「働き方改革」推進企業に認定されました。

ふくおか「働き方改革」推進企業認定事業 認定企業一覧 (福岡市ホームページへリンク)